八幡浜港地域交流拠点施設トイレ棟デザイン設計競技

20120115_main_pers.jpg

埋立地から浮立地へ

地表をつまんで浮かばせると、地面とひと続きの斜面が生まれる。八幡浜の段畑のように、山の傾斜を利用して人が自由に行き来できる斜面と屋根、 そしてトイレ空間を同時につくる。

屋根面は鉄板と格子状のリブプレートによる鉄板構造で、屋根面の持ち出しによる転倒モーメントに抵抗するため、カウンターウェイトとして中央に雨水ピットを設け、その躯体重量で全体がバランスする計画とした。

2013年

愛媛県八幡浜市

地上1階・S造+RC造

延床面積/ 117.41 ㎡

構造設計: エスフォルム  大岡彰

 

YTH
YTH
press to zoom
20120115_main_pers
20120115_main_pers
press to zoom
image
image
press to zoom